NPO法人へのエコ就職

経験や実績を積むためにNPO法人で働き、エコに関わる仕事のノウハウを身につけた上で、エコ分野への企業の就職活動を成功させたいと考えている人もいます。


<< エコに役立つ就職先 | main | いま保持しているヴォクシーの下取りする値段をせり上げてくれる >>



行政機関へエコ関連の就職をする

エコに関わる仕事を希望し、国や地方自治体への就職を果たした人もいます。行政職とは、公共サービスを提供するための仕事に従事している状態になります。環境を守るための多様な仕事が、行政サービスには存在します。ゴミ処理や、リサイクル問題もエコに関わりますし、公害や環境対策、自然保護、一次産業に関係する仕事もエコに関係しています。

地方自治体に就職すれば、地域の実情に応じた形でエコ問題に関わっていけるでしょう。必ずしもエコな問題に携わっていられるとは限りませんが、自分と関係が深いことに目を向けられます。中央官庁に就職をすることで、より規模の大きいエコ問題に対して取り組むことができるでしょう。

エコに関わる仕事がしたいなら、環境省か該当することになります。資源問題や、エネルギー問題に関心があるなら、経済産業省に行くことになります。日本経済を支えるエネルギーをどうするかは、この先誰もが取り組んでいかなければならないことです。一次産業に関わるという形でエコな仕事をする時は、農林水産省になります。

公務員試験に合格した人でなければ、中央官庁には入れません。コネや学歴は関係ないフェアな就職の形になりますし、倍率は高く、狭き門です。険しい道のりには違いありませんが、エコ分野を一生の仕事にしたいと考えているならば、やりがいのある場所だといえるでしょう。

エコ関連の仕事を希望する人は、就職先をどこにしたいかを熟慮した上で、就職するためには何が必要かを見抜くことがポイントです。
posted by npoeco 23:01comments(0)|-|





スポンサーサイト

posted by スポンサードリンク 23:01 |-|-|


この記事に対するコメント